MENU

車の下取り査定基準はどうなっているのか?

これから車を下取りに出そうと思っている人の中には本当に自分の車がどれだけ高値で下取りしてもらえるか気になると思います。
ですが、意外と多くの方は車を下取りに出してどういう基準でその車が査定されるか分かっていません。

 

確かになかなか素人が車の下取り査定がどういう基準でなされているか分からないと思います。
では、実際に車の下取り査定はどういう基準で行われるのかというと、まずはその車がどれだけ需要があるかというのがあります。

 

それによって車の下取り査定の結果も大きく変わってきます。なので、いくら下取りに出す車の状態が良くても車自体の需要がなければ
査定額もかなり低くなってしまいます。では、それ以外は特に車の下取り査定に大きな影響はないのかというと、そういう事はないです。

 

確かに車の下取り査定の際にはその車がどれだけ需要があるかは大事になってきます。ですが、それだけが車の下取り査定の基準ではありません。
他にはその車の状態がどうなのかというのがあります。でも、多くの方は車の状態と聞かれても車に傷があるかとか、車の損傷具合ばかり気にすると思います。

 

ですが、実際に車の下取り査定の際に見る基準はそれだけではありません。もちろん、車の損傷具合も査定結果に大きな影響はあります。
でも、実はもっと気にすべき事があります。それは車内の汚れ具合です。

 

意外と多くの方はこの点を見過ごしていて車内が汚れていても査定に影響しないと思っています。
確かに車内が汚れていても車が壊れているわけではないので、一見すると査定に関係ないように思えます。

 

ですが、それは大きな間違いで実際は車内が汚れていては下取り査定の結果はかなり悪くなります。
その理由は簡単で車を下取りに出した後の事にその車をまた売りに出すので車を綺麗にクリーニングする必要があるからです。

 

ですから、車内がかなり汚れていればそれだけクリーニングにかかる費用も高額になります。
また、車内が汚れているというだけで査定する人間の評価が大きく下がるというのもあります。

 

それはみなさんも状態が良い物を高値で買いたいと思うのと同じで自動車の下取り査定の際も車の状態が悪ければ査定額が下がるというわけです。

 

ですから、車の下取り査定の基準は第一はその車の需要がどれだけあるのかというのとその車の状態が大きく関わってきます。この2つが車の下取り査定の大きな基準になってきます。

 

さらに車の走行距離も大きく影響してきます。やはり走行距離も短い方が良いです。

このページの先頭へ