MENU

下取り時の価格は買取よりは安くなるか

車売却の価格は、買取店の方が下取りよりは高くなる傾向は確かにあります。たまに下取りの方が高くなる事例もありますが、全般的には買取店の方が高くなるケースは多いです。その理由も複数あるのです。

 

売却の知識と価格との関係性

そもそも買取価格が高くなるか否かは、知識面に大きく左右される一面があります。あまり知識が多くないお店では、全般的に価格も低めになる傾向があるのです。

 

売却のノウハウはあまり多くないディーラー店

それでディーラー店というのは、車を販売する知識には長けています。ですから新車を購入する方々としては、ディーラー店を利用する事も多いのですが、そのタイプのお店は売却に詳しいとは限らないのです。売却というよりは、むしろ車を販売する知識が豊富な傾向があります。

 

買取店は知識が多い

それに対して買取店の場合は、売却に関するノウハウが大変多いです。少なくともディーラーよりは、ノウハウが豊富な傾向があります。
それで上記でも触れた通り、買取価格は知識と連動している一面がある訳です。ですからディーラーよりは、総じて買取店の方が高く売れる傾向があります。

 

交渉に応じてくれるかどうかの違い

それとディーラー店と買取店には、交渉に関する違いがあるのです。
基本的にディーラー店では、売却価格の交渉がやや難しい事が多いです。車を購入する時の値引き交渉は可能でも、下取り時の売却では、買取価格を高めにするという交渉にはあまり応じないお店が多く見られます。
それに対して買取の専門店の場合は、価格交渉にも応じてくれるケースが大変多いです。それで交渉に成功して、買取価格がアップする事もあります。この交渉という観点からも、ディーラーよりは買取り店の方が売却価格は高くなる傾向があるのです。

 

パーツの知識に関する違いがある

それとディーラー店は、車のパーツなどはあまり評価をしない傾向があります。タイヤやカーナビなど様々なパーツがあるのですが、それよりも車の本体だけを見る傾向があります。
ところが買取専門店は、付随パーツなども査定基準の1つとして考えているのです。付随パーツの価格が本体価格に加算される事により、総合的な売却金額も、ディーラーよりは高くなる傾向があります。

 

結局は買取店の方が高め

これら複数の理由はありますが、いずれにしても買取専門店は、価格は高めになる事が多いです。下取りよりは買取りの方が金額が高くなる事例は、全般的に多い訳です。

このページの先頭へ