MENU

車の下取りで必要な書類

自動車を下取りに出す際には、様々な書類が必要になってきます。中には役所からの発行が必要な書類もありますので、要注意です。

 

検査の証明書と住所に関する注意点

自動車を保有しているなら、車検は受けている筈です。それに関わる自動車検査証が必要になってくるのです。
ただしこの書類は、住所などの記載は注意を要します。
稀にこの書類に書かれている住所と、他の書類の住所が一致していないことがあるのです。
その場合は別途で戸籍謄本が必要になる事もありますから、住所はよく確認しておくべきです。

 

納税証明書と有効期限の注意点

また自動車を保有しているなら、1年に1回は税金を納めているでしょう。その際に発行される納税証明書が必要になります。
この書類には、有効期限に注意を要します。期限切れでは再発行の手続きが必要な事もあるからです。

 

自賠責保険証明書も必要

また自動車には、強制加入になる保険があります。いわゆる自賠責です。
自賠責に入っているなら、必ず証明書が発行されている筈なのです。それも下取り時に提出する必要があります。

 

リサイクル券が必要な事がある

それと車のリサイクル券も、基本的には必要になります。普通自動車の場合は、たいてい必要になると考えて良いでしょう。
ただし軽自動車の場合は、それが求められない事もあります。基本的に軽自動車は、預託済みの時にはリサイクル券は必要になる事が多いです。

 

印鑑証明書も提出が必要

それと印鑑証明も必要になるのですが、実はこの書類が一番要注意なのです。
印鑑証明は、基本的には役所から発行してもらう事になります。もちろん市役所などで発行してもらう事もできますし、出張所による発行も可能です。

 

発行までに多少時間を要する

それで印鑑証明は、直ちに発行できると限らないのです。なぜなら発行場所が著しく限られるからです。
必ずしも買取店の近くで、その書類が発行できるとは限りません。発行までに多少の時間を要する特性があるのです。
ですから急いで車を売却したい時は、この書類は要注意です。

 

住民票の除票が必要な事も

それと上記でも触れた車検証ですが、印鑑証明と住所が異なっているパターンはたまにあります。
そういう時には、住民票の除票という書類が求められる事もあるのです。ちなみに、それも基本的には役所で発行してもらう事ができます。
ですから上記でも触れた通り、車検証に記載されている住所は、印鑑証明の住所と一致しているかどうかを確認する事が大切なのです。

このページの先頭へ