MENU

新車購入の際の下取りと値引きの関係について

新車を購入するときには、前に浸かっていた車というものは使わなくなるものですから処分をするためにもそのまま
車のぢディーラーに車を下取りに出すわけであります。
そのときに、下取りに出した車に絡めてディーラーから値引きを交渉されたりするようなことがあります。
この値引き交渉は果たして得しているのでしょうか?それとも損していたり、関係ない話になったりしているのでしょうか?
そのあたりの関係性について、紹介しますね。

 

値引き価格と下取り価格は本来別だが

値引き価格は本来の値段から安くするというものであって、下取りとは関係がありません。
下取り価格は本来は純粋に車自体の値段を出しているものです。 この二つは本来関係はありませんが、この二つは調整のためにお互いに値段を調整しながら利用されています。
たとえば、車の下取りをしたくても他社の車だと、査定が難しいところもあればあまりに安い価格だとお客さんにとってもあまり喜ばしい話ではありません。
そこで、値引きができる部分を下取り価格に回すことで、お客さんに満足してもらって信頼を得るといったような方法があります。
また、車を安く売れるように見せるときには値引き額を多くして下取りを減らすようなことをして、売りやすくなるようにします。
このように、うまく商品を売るためにこの二つの価格は調整されているのです。

 

決算期ならより値引きをしてくれる可能性がある

決算期になりますとディーラーとしては少しでも車を購入してもらって、売り上げ計上したいというような欲求があります。
この時期に売り上げを上げれば、会社の収益もよく見えますし何より自分たちの給料に反映されやすくなることもあるからです。
そういったときにこそ、ちょっとでも交渉して下取りしてもらった利すれば、より値引き価格かもしくは下取り価格を上げてもらえますので時期を狙って車を購入、下取りするというようなこともおすすめです。

 

場合によっては下取りで損をしている可能性もある

ただし、ディーラーによっては値引き価格と下取り価格をごちゃまぜにすることによって、普通の買取よりも安くしているようなこともあります。
ディーラーも商売ではありますし、収益を得たいものですから、相手がわからないことをいいことに値引き価格をちょっと大きいように見せておいてから実際の買取相場よりも安めに設定することもあります。
そうならないためにも、必ず複数の会社に下取り価格の査定をしてもらって置けば、そういった話をされずに済みます。

このページの先頭へ